今日のブログは、

ついついいけないことだと

わかってはいるのに

食べすぎてしまったり、

呑みすぎてしまう

ストレスフルなあなたに対し、

まずは、引きこもらないで、

家を出る。

まずは無理せず、

できるところから

人とふれあっていく。

今までやったことのない

ことをやったり、

無償の行為、

ボランティアをやって

みたりしてみる、

など、

簡単で効果的な方法がありますよ、

という内容です。

皆さん、こんにちは。

自ら行う「セルフ・リラクゼーション」で

カラダとココロを整える、

健康寿命ナビゲーターの

とまりしゅんいちろうです。

こちらのブログでは、

あなたの食と美容と健康に

役立つ手軽にできて

効果のある情報をお伝えしています。

ありませんか?

ついつい食べ過ぎてしまうこと。

あるいは、べつに空腹でもないのに、

そしてこれは、けっしてカラダに

よくない、ということが

分かっているのに。

目の前にあるお菓子など

食べものに手が伸びて、

気が付けば苦しくなるほど、

食べすぎてしまうこと。

そしてその後襲ってくる

自己嫌悪。

「また、やってしまった・・・・」。

そんなあなたに、

吉報です。

だれでも楽に自然と

食欲がなくなっていく、

マインドフル・ダイエットの手法を

紹介します。

 

家の外に出る

家のなかに閉じこもったまま、

外にはでたくない。

 

今私が感じることを人に

説明するのは、あまりにも

大変すぎる。

 

寮に閉じこもる

問題点は、結局寂しくなって

同じ場所にずっといるために

頭がどうかしそうになることだ。

 

そこでわたしは、食べ物で

気をまぎらわす。

 

わたしは

本当は社交的で、誰かと

話せば気分もよくなるだろう。

 

ただ、そうやって始めたら

いいかがわからないのだ。

         <テイラー>

 

 

他人とつながることには

とびきりの癒し効果が

ありますが、それがとても

困難に思えてしまうときが

あります。

 

誰かと話すのはいいこと

だとわかっていても、

そうしたいと思えない・・・・

そんなときは

どうすればいいでしょう?

 

人とつき合うのは

衝動食いを抑えるのに役立ちますが、

気持ちが追いつかない

なら、他人と触れ合う

ことに少しずつ慣れて

いきましょう

 

以下は、

ドアの外に徐々に出て行く

ための効果的な方法です。

 

 人のいる場所へ行く

〔約束をする〕

ランチやお茶など、近日中に

人と会う予定を入れましょう

 

時間のかかるものに参加する

のは避けましょう。

 

今週中に

誰かと会うとわかっている

だけで、そのための心の

準備もたっぷりでき、

楽しみに思えます。

 

ただし、キャンセルしては

いけません。

 

約束の場に

到着すれば、来てよかった

と思えるはずです。

 

〔笑う!〕

笑顔を向けられると、人は

あなたと触れ合いやすく

なります。

 

笑顔はあなたを

親しみやすくさせます

 

〔知り合いに挨拶する〕

美容院に予約を入れて

みましょう。

 

いつもの

スタイリストや新しい人と

雑談をしましょう。

 

お気に入りのレストランに

行って、いつもオーダーを

とりに来るウエイトレスに

挨拶しましょう。

 

バスの運転手と会話してみましょう。

 

会話の内容は軽いもの

にして、くれぐれも感情の

スイッチが入らないように

しましょう。

 

〔人々が自然と集まる場所へ行く〕

たとえ誰とも話さなくても、

人と一緒にいること

効果的なときがあります。

 

図書館へ行ったり、

ショッピングモールを

ぶらぶら歩いたりして

みましょう。

 

ジムへ行き、

まわりの人と一緒に

ランニングマシンで走って

みましょう。

 

ワークショップや

授業を受講してみましょう。

 

こうした場所は、それほど

社交的になることも、

人々と深く交流することも

必要としないので

好都合です。

 

誰かを「いい気持ち」にする

あなたがもし落ち込んでいて、

食べ物に頼らず気持ちを奮い

たたせたいなら、誰かを助ける

方法を探しましょう。

 

〔小さく始める〕

誰かをほめることで、

その人の自尊心をほんの

少し後押ししてみましょう。

 

心からのほめ言葉でなくては

なりません。

 

食料品店の

レジ係の人に、袋詰めを

してくれて助かった、

ありがとうと伝えてみましょう。

 

魅力的な服装をしている

同僚もほめてみましょう。

 

ほかの人の顔が明るく

なるのを見ると、あなたも

うれしくなるはずです。

 

〔近くの人に目を向ける〕

ボランティアはわたしたちが

毎日できることです。

 

無理をしたり、

長い時間をかけたり

しなくても大丈夫です。

 

小さなことでも、何が助けに

なるか考えてみましょう

 

たとえば、一時間の子守を

申し出る。

 

あるいは近所の

人に電話をかけて、食料品店

で必要なものがあれば

買ってきますよと声をかける。

 

赤ちゃんを抱っこしている

人や両手がふさがっている

人のために、ドアを開けて

おいてあげる。

 

お年寄りの

荷物を車まで運んであげる。

 

休憩が必要そうな人に

コーヒーを買ってきてあげる、

といったことです。

 

〔電話帳を見る〕

あなたが協力できそうな

評判のいいサービス組織は、

電話帳にたくさん載っています。

 

あるいは、インターネットで

調べてもかまいません。

 

地元の慈善団体や、

社会福祉協議会に電話を

かけてみましょう。

 

教会や公民館を通じて

ボランティア活動に

参加することもできます。

 

 

 

スーザン・アルバース

「お腹がすいていなくても

つい食べてしまうあなたへ」参照

 

平日午後コースをスタートします。
13時から14時までの1時間、
19(月)・21(水)新宿三丁目

20(火)・22(木)町田
で開催します。午後のひとときを

楽しく学びましょう。

 


https://www.street-academy.com/myclass/56189?conversion_name=direct_message&tracking_code=5a208de0d91e9d4a1c61c8cad8777b3a