皆さん、こんにちは。

自ら行う「セルフ・リラクゼーション」で

カラダとココロを整える、

健康寿命ナビゲーターの

とまりしゅんいちろうです。

 

こちらのブログでは、

あなたの食と美容と健康に

役立つ手軽にできて

効果のある情報をお伝えしています。

 

今日のブログは、

「食べて元気に」の分野から

そのストレートな物言いで

「サナダムシ博士」として

本、雑誌などにも引っ張りだこの

藤田紘一郎先生の著作

「腸をダメにする習慣、鍛える習慣」からの

引用です。

 

身もココロも疲れたカラダを「腸」の力で

回復させる、

という内容です。

 

 

消費効率の悪い痩せにくい

体質とは、どのようなものでしょうか。

 

人の体は、約60兆個の細胞で

成り立っています。それらの

細胞の中には、細胞質内に

脂肪滴を持った細胞が存在し、

その数は数百億個といわれて

います。これが脂肪細胞と

呼ばれるもので、脂肪を溜め込む

だけでなく脂肪の合成や分解

なども行っています。

 

脂肪細胞には二種類あります。

そのうちの1つ「白色脂肪細胞」

は、脂肪を蓄積して、肥満の

原因になる細胞です。脂肪を

蓄えると数倍にも膨らみ、

それでも蓄えきれないほどの

脂肪が入ってくると、細胞分裂

して数を増やしていきます。

 

もう1つの「褐色脂肪細胞」は、

脂肪を燃焼させる細胞で、

運動などをしなくても脂肪を

燃やし、体重を落とす作用を持って

います。

こちらからご覧ください。

https://ameblo.jp/toma-shun/entry-12639679031.html#_=_