皆さん、こんにちは。

自ら行う「セルフ・リラクゼーション」で

カラダとココロを整える、

健康寿命ナビゲーターの

とまりしゅんいちろうです。

 

こちらのブログでは、

あなたの食と美容と健康に

役立つ手軽にできて

効果のある情報をお伝えしています。

 

今日のブログは、

「食べて元気に」の分野から

本を出せば

ベストセラー。

テレビ、雑誌などにも

引っ張りだこの

白澤卓二先生の著作

「100歳までガンにならない

食べ方、ボケない食べ方」からの

引用です。

身もココロも疲れたカラダを「食」の力で

回復させる、

という内容です。

 

 

百寿者の人たちが

食事をするときの共通点は、

硬いものはもちろん、

やわらかいものでも

よく噛んでいた、

ということです。

 

三浦敬三さんは、

一口30回どころか、

一口60回噛むことを習慣に

していました。

 

そして、圧力鍋で作った丸鶏を

骨まで食べていました。

こちらからご覧ください。

https://ameblo.jp/toma-shun/entry-12630343211.html#_=_