皆さん、こんにちは。

自ら行う「セルフ・リラクゼーション」で

カラダとココロを整える、

健康寿命ナビゲーターの

とまりしゅんいちろうです。

 

こちらのブログでは、

あなたの食と美容と健康に

役立つ手軽にできて

効果のある情報をお伝えしています。

 

今日のブログは、

カラダを元気に」の分野から

現役のお医者さんが書いて

マスコミなどで評判となった

牧田善二さんの著書

「医者が教える食事術

最強の教科書」からの引用です。

 

 

36年間、日本全国で調査された「長寿の秘訣」

いまから45年も前の

1972年に「日本の長寿村短命村」

という本が刊行されました。

 

著者は、東北大学名誉教授の

近藤正二博士です。

 

博士は、1935(昭和10年)から

36年間にわたり、

日本中を歩き、

長寿者が多い村、

逆に短命者が多い村を

探して訪ね、その生活様式を

調査しました。

 

博士がこの調査を始めたとき、

「短命の原因は酒ではないか」

「いや、重労働がいけないのだ」

などという俗説が

流布されていました。

 

そこで博士は、

「それら俗説が正しいのかどうか、

実際に自分の目で見てくる」

ことを決意し、20キロを超える

リュックサックを背負い、

ときに険しい山を登りながら

僻地まで足を運び、

長いときには一つの地域に

二ヶ月も滞在し、合計で

990の町村を調べ上げたのです。

 

そして、私たち日本人が

健康で長生きするために

どのように暮らしていけばいいかを

一冊の本にまとめたという

わけです。

 

私の手元に残る

「日本の長寿村短命村」は、

表紙が少し黄ばんでしまいましたが、

内容は少しも色あせていません。

 

むしろ、現代を生きる私たちに

非常に重要な示唆を

与えてくれています。

 

私なりに、博士の研究結果を

まとめてみると、以下のような

ことがいえます。

 

  1. 健康・長寿の決め手は

食生活である

  1. 酒飲みは短命ではない

  2. 重労働をしている人の

ほうが長寿

  1. ごはんの食べすぎは

短命

  1. 魚ばかりで野菜が

少ない村は短命

  1. 大豆製品を多く食べている

村は長寿

  1. 大量の野菜を食べている

村は長寿

  1. 果物を多くとる村は短命

  2. 海藻を多くとっている

村は長寿

  1. 肉の食べすぎは短命

  2. 塩分をとりすぎている

村は短命

  1. ゆっくり楽しんで

食べることが大事

 

 

他にもいろいろありますが、

長寿化短命かを決めるのは

圧倒的に食生活にまつわる

要素が多いのです。

 

もちろん、山奥の村と

海岸ぞいの村では

食べている物が違います。

 

今のように流通システムが

整っていない時代ですから、

山奥の人が海藻を食べることは

できません。

 

しかし、代りに木の実や山菜、

キノコ類には恵まれていたでしょう。

 

実際に、山奥にも海岸沿いにも、

それぞれ長寿村も短命村も

存在しています。

 

ただ、どちらにおいても共通して

指摘されているのが

「野菜を多くとっていれば

長命であること」「ごはんをたくさん

食べていると短命であること」

「肉や魚などの動物性タンパク質は

ほどほどにして、大豆の植物性

タンパク質は積極的にとったほうが

いいこと」です。

 

まさに、私が本書で提言する

食生活そのものであり、

縄文人の食生活にも

近かったのではないかと

思います。

 

この調査がなされた頃、

日本人の塩分摂取率は

今よりもさらに高く、

脳卒中が死因の1位を

占めていました。

 

塩辛い漬け物や味噌汁で、

白いごはんをたくさん食べる

村が日本各地に存在し、

それらは軒並み短命と

なっているのが近藤博士の

調査結果でわかります。

 

その当時、塩分をとり過ぎる

害についてはわかっていても、

ごはんの糖質が問題だという

ことを考える研究者は

ほとんどいなかったと思います。

 

しかし、少なくとも近藤博士は、

自分で実際に調査した結果

として「ごはんを沢山食べる村は

短命」ということを感じ取っていた

わけです。

 

 

病気の根本原因をたどると、必ず砂糖がある

人間の脳がとても賢いことは

確かですが、負けず劣らず

愚かな間違いを犯す一面も

あります。

 

野生動物はお腹がいっぱいに

なれば、そばに獲物がいても

それを襲って食べることはしません。

 

しかし、人間の脳は、食べる

必要がないのも「食べたい」と

指令を出してしまうのです。

 

そして、狂った指令を出し続け

中毒になっていきます。

 

脳の発達によって繁栄してきた

人類は、もしかしたら、

脳の発達ゆえに滅びていくのかも

しれません。

 

日本人の糖尿病に関する記録で、

最も古いのが平安時代の

藤原道長の日記です。

 

道長は喉の渇きや視力の低下に

悩んだようで、明らかに糖尿病で

あったと思われます。

 

これは、道長が糖質をたくさん

口にできる特級階級だったから

であり、一般人には糖尿病など

ありませんでした。

 

日本で一般人が糖尿病に

かかるようになるのは、

戦後20年くらい過ぎてから

のことです。

 

経済が急成長して、

多くの人たちがお米や麺類、

砂糖の入ったお菓子や

飲み物を好きなだけ

口にできるようになり、

糖尿病も増えていきます。

 

そして、現代ほど30代や40代の

男性に肥満者が多い時代は

ありません。

 

戦後70年といえば、

長いように感じるかもしれません。

 

しかし、1万2千年続いた

縄文時代と比べたら、

ほんの一瞬。

 

その間に私たちは、

なにかとんでもないことを

しでかしてしまったのかも

しれません。

 

いま「生活習慣病」と呼ばれる

病気は、明らかに「文明病」です。

 

生活習慣には、運動や睡眠など

さまざまな要素がありますが、

食生活の変化が私たち

現代人を苦しめる病気を

つくりだしたのです。

 

肥満、糖尿病、高血圧、がん、

脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化、

脂質異常、うつ、ぜんそく、

アレルギー、アトピー、

潰瘍性大腸症候群・・・・・・

 

これらはすべて「文明的な食事」

によって生まれたと言って

いいでしょう。

 

コロラド大学デンバー校の

リチャード・ジョンソン博士は

腎臓病の研究が専門ですが、

「ナショナル・ジオグラフィック」誌で

このように述べています。

 

「病気を研究し、

その根本原因をたどると、

必ずそこには砂糖があります」

「なぜ米国人の肥満は加速する

一方なのか。その一因は

砂糖だと考えています」

 

かつて、アメリカでは糖尿病や

心臓病の増加は、

肉など脂っぽいものを多食する

ためだと考えられてきました。

 

そのため、人々は摂取する

脂肪の量を減らしてきたのに

、相変わらず肥満は増えています。

 

彼らは、清涼飲料水、ピザ、

ハンバーガーなどを多食し、

糖質を過剰摂取しているからです。

 

そして日本でも、

同じことが起きています。

 

牧田善二「医者が教える食事術 最強の教科書」

参照

 

 

毎回好評をいただいている

「腸活セミナー」。

 

11月よりリニューアル

いたしました!

 

時間が延長となり60分から120分に。

基本はマン・ツー・マンの

カウンセリング方式へ。

会場も受講生の方の指定ができます。

(交通費別途)。

じっくりと2時間、じぶんのペースで

受講できる内容となります。

ご期待ください!

興味のある方、

受講のお申込みはこちらから。

https://www.street-academy.com/myclass/56189?conversion_name=direct_message&tracking_code=5a208de0d91e9d4a1c61c8cad8777b3a