今日のブログは、

カラダを元気に」の分野から

浜松医科大学名誉教授である

高田明和先生の「長生きしたけりゃ、

医者の言いなりになるな」らの引用です。

 

ひとつお断りしておきます。

以下の内容は、あくまでも

高田先生の「持論」です。

異論がある、ということも

充分ご理解のうえ、お読みください。

 

 

認知症の種類や症状にも

よりますが、高齢者を施設から

自宅に戻し、孫などと一緒に

生活させると、症状が軽くなり、

進行がゆっくりになることも

少なくありません。

 

このことは認知症においては

心の問題が重要な役割を

果たしていることを示して

います。

 

福岡県の久山町(8000人)

の65歳以上の住民について

九州大学が1985~2005年

の長期追跡調査した結果、

この調査でも、高齢化以外の

理由でアルツハイマー病

などの有病率が増加している

ことを示しています。

こちらからご覧ください。

https://ameblo.jp/toma-shun/entry-12640089455.html#_=_