〔鼻呼吸しないともったいない 続編〕

鼻は単に空気の通り道では
ありません。
身体ぜんたいを守るシステムに
満ち溢れているのです。

空気中には多くの病原菌や
ゴミ、ほこりなどが混じっています。

鼻はその空気をろ過し、
清掃してくれるのです。

鼻の気道表面には
細かい繊毛(せんもう)が
生えています。

そこには、絶えず粘液がながれており、
この濡れた繊毛が、
ほこりやダニの死骸などを吸着させて、

鼻水によってそれを体外に
運び出します。

さらに鼻の穴から咽喉、つまり
喉頭までの気道の周辺には
多くの空洞があります。

その穴を空気が通るとき、
吸い込んだ空気が適正な温度に
なるように造られています。

空洞はわずか15cm足らずですが、
その仕組みがあるゆえに
零下数十度という恐るべき寒さの中にあっても、
肺や気管が
「しもやけ」にならずに済むのです。

さらに、「空気がそのまま肺や血管に入る」とダメージを
与えるため

鼻を通る間に100%近くまで
加湿すればいいです。

寒い冬に、インフルエンザは蔓延しますが、
多くの場合、口から空気を吸い、
インフルエンザウィルスをそのまま
吸い込んでしまう。

その点、
鼻という最高の生体防御システムを
通っていない為、とも言えます。

インフルエンザは、適当な温度と
大量の湿気が加えられるならば、
その力を落としてしまうのです。