酵素とは?

生命を支える物質であり、
ビタミン、ミネラルも酵素なくして
働けません。

たんぱく質の一種で、48~50℃以上の
熱で調理・加工された食品には
まったく含まれていません。

1.食物酵素
生の食物に含まれ、食物の消化を
はじめさせるのに必要

ジアスターゼ
(大根に含まれ消化を助けます)
パパイン
(パパイヤに含まれ、消化を助けます)

2.消化酵素
食べたものの消化
に必要なもの

アミラーゼ
(唾液やすい臓中に含まれ、
でんぷんやグリコーゲンを分解する)
アミラーゼ
(胃液中に含まれ
たんぱく質を分解する)

3.代謝酵素
ホルモンなどに
影響を与え、
身体の正常な働きに
必要のもの
  
  GOT・GPT
  (肝臓の細胞の中に含まれる)
  (アミノ酸を合成したり、
出来たアミノ酸を必要な組織に運ぶ)
  SOD
  (体内に発生した「活性酸素」を除去する)

食物中には、必ず
「自分を分解する」ための
「食物酵素」が含まれています。

食物は胃や腸の消化酵素で
本格的に分解されます。

体内に吸収された
栄養を「代謝酵素」が
血や肉に変えていきます。

酵素は人工的には
作り出せません。

体内で生産が追いつかない分には、
食物から摂取する必要があります。

新鮮な野菜、果物などを積極的に
摂り、食物酵素を取り入れて参りましょう。